リリース情報EnSight Version 9.1

EnSight Version 9.1のリリース情報を説明しています。

リリース概要

EnSight Version 9.1

本バージョンでは、右クリック機能の拡張による操作性の向上、ボリュームレンダリングの追加、リーダー機能の強化などが行われています。

リリース日

2010年8月

主な新機能

Welcomeダイアログとセッション

9.1ではEnSight起動時にWelcomeダイヤログが表示されるようになりました。
このダイアログを利用して以前に使ったデータの呼び出しや、保存しておいたセッション(新機能)の再生を簡単に行うことができます。ファイルブラウザを利用せずに可視化結果をご覧いただけるため、デモンストレーションなどの際に便利です。

ボリュームレンダリング

ボリュームレンダリングがサポートされました。全体のデータの分布を把握するのが容易になります。
一般的にボリューム・レンダリングは、構造格子のみに適用可能なソフトウェアが多いですが、EnSightは非構造格子にも対応しています。
また、通常のサーフェス表示と重ねて表示できることもできます。


(データ提供:Pointwise)

※ボリュームレンダリングを行うには、高性能なグラフィックスボードが必要です。
目安としてはDirectX 10.0以降をサポートしているボードで行うことができます。

改良点

カラーダイアログとパレットの改良

9.1では、カラーマップ、パレットの編集ダイアログが改良されました。

Palletteボタンを押すと、以下のダイアログが開きます。

パレットにアルファチャネルが追加され、一定値による半透明の他、データ成分の大きさに応じて透明度を変化させることもできます。

パートの選択ハイライト機能の改良

パートの選択機能が改良されました。マウスをオーバーレイさせると色や枠線が変わります。


(クリックすると拡大します)

3つの状態をそれぞれ以下の色(デフォルト)で表現しています。

  • 選択されているオブジェクト:水色
  • 選択されていないオブジェクト:黒色
  • マウスがオーバーレイされているターゲットオブジェクト:黄色

注:この機能はグラフィックスボードの機能を使っています。
グラフィックスボードのOpenGLがこのオーバーレイの機能に対応していない場合には、9.0と同様にドット表示になります。
また、グラフィックスボードによっては、まったく選択の様子が表示されない場合もあります。

注釈機能の改良

注釈機能が3次元空間内に配置できるように改良されました。また、影付き文字などもサポートされました。

ラインの開始、終了点の3D空間への配置

引き出し線などを作成できるライン注釈の終始点を3D空間の座標値で設定することができるようになりました。

ラインへのテキスト注釈の割り当て

また、Labelプルダウンを使って、別途作成されている注釈テキストをラインに割り付けることができるようになりました。

影付き文字

テキスト注釈のパラメーターに、Shadow offsetとShadow intensityパラメーターが追加されています。影付き文字を作ることができます。

3D矢印注釈へのテキスト注釈の紐付け

3D矢印注釈のラベルに、存在するテキスト注釈を紐付けることができるようになりました。
3D矢印注釈のラベルとして、テキスト注釈で作成できる各種テキストを配置できます。

iqvalテキスト文字

テキスト注釈の文字列にiqvalが追加されました。
テキスト注釈の文字列として value = <\\iqval "%f" 0\\> のように記述すると、クエリ機能で取得した値をテキスト注釈として利用できます。


(クリックすると拡大します)

引数 0 は、クエリのID番号です。

クエリ機能のフォーマット追加

クエリ機能で取得した値の表示を小数表記かE表記かを切り替えるパラメーターが追加されました。


(クリックすると拡大します)

クエリ機能のフォントサイズ、マーカーサイズの変更

クエリ機能で表示されたマーカーやラベルのサイズが、マウス右メニューから変更できるようになりました。

マウス右メニューの改良

クエリ機能のフォントサイズ同様、右ボタンで操作できるメニューにサイズのアジャスト機能が追加されています。

  • 半透明のレベル値
  • ベクトル矢印の長さ
  • パーティクルトレースの長さやスピード
  • コンターレベルやラベルの間隔
  • レジェンドのテキストサイズ
  • プローブのマーカーサイズ
  • テキスト注釈のサイズ

クリック&ゴー機能(対話操作)のハンドル・アイコンの改良

9.1ではパートや注釈などを選択すると、以下のようなハンドルが表示されるように変更されました。

上下矢印のアイコンは移動を示しています。斜めのアイコンは拡大縮小です。
また、ダブルクリック(2回クリック)した際の上下アイコンもあります。

アイコンの上にマウスを乗せると指マークに変わります。そこで、マウス左ボタンを押したまま移動します。

スプラインによるクリップ

クリップ機能にスプラインが追加されています。

スプラインに沿って、クリップすることができます。

Displacementsパネルへのサーバー側計算メニューの追加

変形表示を行うDisplacementsアイコンで開くパネルに、サーバー側で計算させるかどうかのチェックが追加されました。

特に計算機を使った計算を行う場合(例えば、面積や体積の計算など)、サーバー側で
変形させることで、その変形に応じた計算が可能となります。

メニュー構成の変更

一部、メニューの構成が変更されています。

これまで、各種保存メニューはFileメニューのSaveにありましたが、9.1では、SaveメニューとExportメニューに整理されています。

リーダーの追加と改良

以下のリーダーの追加と改良が行われています。

  • FluentリーダーがPolyhedral要素を読み込めるように改良されています。
  • Fluentリーダーが回転対称を認識できるように改良されています。
  • Fluentリーダーが単位を認識するようになっています。
  • Fluentリーダーが複数のDATファイルを読み込めるように改良されています。
  • Acusim社製のAcusolveのリーダーが組み込まれました。
    (ただしWindows版とLinux版でのみサポート)
  • SDRC Ideasのリーダーが組み込まれました。
  • Autodynデータのリーダーが組み込まれました。
  • ANSYSの新しいリーダーが組み込まれました。
    すでにコマンドファイルをご利用の場合、古いリーダーが使われますので、新しく作り直してください。
  • MSC.Software Marcの新しいリーダーが組み込まれています。
    ただし、このリーダーはデフォルトではオフになっています。Edit > Preference からDataを選び、MSC/Marcをオンにしてください。
  • Flow3Dリーダーがパーティクルデータや円筒座標、ゴーストセルを扱うように改良されています。
  • ABAQUSリーダーがABAQUS 6.10をサポートしています。
    また、速度の改善も行われています。
  • MSC.Software Dytranのリーダーの読み込み速度が(一部のデータセットに対して)改善されています。
  • その他、以下のリーダーも改善されています。
    • Overflow リーダー
    • Ascii STL リーダー
    • CFF/Wind リーダー(64bit Windows版)

制限値やその他の改良

その他、以下の改良が行われています。

  • メモリ使用量の削減
    以前の9.xバージョンよりもメモリ使用量に関する改善が行われました。
  • 接続先サーバーの選択
    データ(Case)のAdd/Replaceを行う際に、JLCで設定した接続先のサーバーを選択できるようになりました。
  • スレッド数の拡張
    Standard版のスレッド数が2から4まで拡張されました。
    (Standard版でも4並列まで可能です)
  • Polyhedralのn-faced要素の扱いが改良され、メモリ消費量の軽減が行われています。
  • カメラの位置をファイルで定義、そのファイルを読み込む機能が追加されています。
    (詳細はUser Manualの11.20 Camera Orientation File Format参照)
  • クエリ/プロット機能の"At 1D part over distance"に1Dパートがパーティクル
    トレースの場合、Timeをvariableとしてクエリできるようになりました。
  • PythonのAPIにobjectというAPIが追加されています。
  • 以下の組み込み関数が追加されました。
    • nodecount
    • SmoothMesh
    • CaseMapImage

関連製品の改良

以下の改良が行われています。

EnSight DR

  • 並列レンダリングでボリュームレンダリングがサポートされました。
    (ただしグラフィックスボードが必要です)
  • マルチスクリーンの場合、コンテキストファイルがサポートされました。
    (並列レンダリングではサポートしていません)

EnLiten

  • ビューポートのリンク機能がサポートされました。
    (ただし、古いバージョンで作られたファイルでは効果はありません)
  • アニメーショントレースの場合のシナリオファイルのサイズが削減されています。


EnSight製品カタログ