リリース情報EnSight Version 8.0

EnSight Version 8.0のリリース情報を説明しています。

リリース概要

EnSight Version 8.0

本バージョンでは、操作性や出力形式、表示機能の強化などが改良されました。

リリース日

2006年2月

主な新機能と改善点

操作性


(クリックすると拡大します)
メニューとアイコンを一新し、使いやすい操作環境になりました。
パートリストのレイアウトが改善されました。
ツリー構造やソーティング機能が追加されました。
ファイルの読み込みが簡略化され、3ステップ(File → Open → ファイルをダブルクリック)でデータを読み込むことが可能になりました。

出力形式


(クリックすると拡大します)
POV-Ray形式の出力が追加されました。POV-Rayを用いることで、反射や影などを含むレイトレーシング表示が可能になりました。

表示

パーツに関係なく、要素を非表示にする機能が追加されました。


(クリックすると拡大します)

光源位置の設定が可能になりました。


(クリックすると拡大します)

ビットマップイメージを背景として表示可能になりました。


(クリックすると拡大します)

フィット機能が追加されました。

アニメーション

視点を固定したアニメーション表示が可能になりました。
パーティクルトレースを始めとする、アニメーションのファイル出力方法が1つのボタンに統合され、作業が簡易化されました。

スカイボックス外側より スカイボックス内側より
(クリックすると拡大します)



EnSight製品カタログ