豊富なアニメーション

一般的な可視化から先進的な可視化まで、豊富な可視化機能が用意されています。簡単な操作でインパクトのあるアニメーションが作成できます。

フリップブックアニメーション


(クリックすると動きます)

非定常解析、時刻暦解析の各ステップを読み込み、時間ごとの状態変化をみる機能です。エンジン燃焼室のような、メッシュが移動する形状も扱えます。コンター図やベクトル矢印、グラフなども時間変化に連動して表示されます。

キーフレームアニメーション


(クリックすると動きます)

特定の視点位置(キーフレーム)を記録し、視点間を自動的に補間するアニメーションです。プレゼンテーション用のアニメーションを作成する際に利用 します。形状が回転、拡大、縮小するアニメーションが作成可能です。特定の位置にズームしたり、製品を回転させながら全体像を表示することが可能です。透 明度の処理もキーフレームに合わせて設定可能ですので、フェイドイン(アウト)の設定も可能です。

パーティクルトレースアニメーション


(クリックすると動きます)

流線、流跡線の軌跡上にパーティクルが通過するアニメーションの作成が可能です。

断面、等値面の移動


(クリックすると動きます)

断面をスライドさせたり、等値面の値が変更する様子をアニメーションで表示します。三次元形状の内部の状態を把握する手助けになります。

線形荷重、モード形状


(クリックすると動きます)

変形図やモード形状を線形補間したアニメーションを表示します。



EnSight製品カタログ