ドリルビットの流体シミュレーション結果のボリューム・レンダリング表示

概要

ドリルビット(ドリルの刃)の周りの流れをOpenFoamで解析した結果です。ボリューム・レンダリング機能を用いて、速度場を表示しています。速度の大きさに応じて色づけするとともに、透明度も変えています(速度が小さいほど透明です)。このようなボリューム・レンダリング表示を使えば、全体のデータの分布を把握するのが容易になります。

一般的にボリューム・レンダリングは、構造格子のみに適用可能なソフトウェアが多いですが、EnSightは非構造格子にも対応しています。また、通常のサーフェス表示と重ねて表示できることも特徴です。


クリックすると、YouTubeで動画を再生します。

解析の種類

流体解析

データ提供

Pointwise

その他の建築・土木・環境分野の適用事例


EnSight製品カタログ