エンジニアリングサービス

座屈解析線形及び非線形座屈解析

座屈解析は、座屈荷重(構造物を不安定にさせる臨界荷重)と座屈モード形状構造物の座屈応答に関係する特徴的な形状)を決定するのに使用されます。


ヒンジシェルの座屈解析

樹脂製キーボードスイッチの変形解析

解析の種類

線形(固有値)座屈解析

固有値座屈解析は、理想的な線形弾性構造物の理論的な座屈強さを求めるものです。

非線形座屈解析(ポストバックリング)

非線形座屈解析は、実際の構造物のより正確な座屈荷重を求める時に使用されます。

適用事例

  • フレーム材の座屈解析(固有値座屈、非線形座屈)
  • 押しボタンの座屈解析(固有値座屈、非線形座屈)

その他解析事例へのリンク

ANSYS系受託お問い合わせ

関連ページ