ノイズ対策における理論と実践的アプローチ [初級編]

昨年11月に開催致しました「ノイズ対策における理論と実践的アプローチ」ですが、ご好評につき追加開催致します。前回来場者の声をお聞かせ頂き、より伝送線路の基礎を重視し、さらに、一歩踏み込んだ、DDRxやSerDesの解析を行う際に必要な技術基礎全般について解説致します。

KEI Systemsの前田 真一氏を講師に迎え、伝送損失、PI、EMC/EMIの解析に加え、IBIS-AMIやSパラメータの解析モデルについても説明を行います。また、セミナーの最後に各々の課題に対する実践的な解決策と事例を合わせてご紹介いたします。

  • PCBの伝送線路解析をすでに行われている方
  • 今後伝送線路解析を取り組まれる方

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。


お申し込みに関する注意事項
お申し込みは、お一人様につき1回行ってください。
お申し込みのキャンセルはお早めにご連絡ください。
開催日の1週間前の時点で、最少開催人数に満たない(3名以下の)場合、中止とさせていただくことがあります。その場合はご連絡いたします。

セミナー概要

開催概要

東京 大阪
会場 東京本社 セミナールーム
[会場地図]
西日本支社 セミナールーム
[会場地図]
定員 20名 10名
受講料 無料(お名刺、筆記用具をご持参ください。)

※日程、内容につきましては若干変更させていただく場合がございますので、ご了承ください。

プログラム

時間 講演内容
9:30〜 受付開始
10:00〜11:20 1.伝送線路の基礎まとめ
11:20〜12:00 2.伝送線路の損失
12:00〜13:00 お昼休憩
13:00〜13:40 3.タイミング、ジッタ
13:40〜14:20 4.PI
14:20〜15:00 5.EMC/EMI
15:00〜15:10 休憩
15:10〜15:50 6.解析モデル(IBIS、AMI、Sパラメータ)
15:50〜16:40 サイバネットソリューションと運用事例・デモ実演
16:40〜17:00 製品体験セッション・質疑応答

※各講演時間・順序が変更になる場合がございます。予めご了承ください。