FAQサンプル(サポートサービス): グローバル偏心への変換例:ポリゴンスキャナ

質問

タイトル(要点) グローバル偏心への変換例:ポリゴンスキャナ
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > アプリ別/部品別 > 偏心光学系
CODE V FAQカテゴリ > 設定 > 面特性 > 偏心・アパチャー
CODE V FAQカテゴリ > サンプル > マクロ
本文 グローバル偏心への変換例:ポリゴンスキャナ

回答

本文

グローバル座標偏心を使用することでダミー面を必要最低限に抑えることができます。 

ポリゴンスキャナを考えてみましょう。
LEN NEW; TITLE 'Polygon mirror'; EPD   5.0; WL    632.8
SO    0.0 -993938392063.0
S     0.0 20.0;   STO;   ADE 45.0; BDE 0.0; CDE 0.0
S     0.0 -20.0
S     0.0 0.0 REFL
S     0.0 0.0;   RET S1
S  

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能