FAQサンプル(サポートサービス): 面に正弦波リップルを付加するユーザ定義面サンプル:cv_uds_sinusoid

質問

タイトル(要点) 面に正弦波リップルを付加するユーザ定義面サンプル:cv_uds_sinusoid
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > 公差解析 > 公差・コンペンセータの設定
CODE V FAQカテゴリ > マクロ・ユーザ定義機能 > ユーザ定義面
本文 偶数次非球面に、正弦波リップルを輪帯状に付加した形状を定義するユーザ定義面サンプル:cv_uds_sinusoid

回答

本文

CODE Vインストールと同時に提供されるユーザ定義面のサンプルの中に、
偶数次非球面(10次まで対応)上に正弦波リップルを輪帯状に付加(放射状に正弦波形状を付加)
した形状を定義可能なものがあります(cv_uds_sinusoid.dll)。
ダイヤモンドターニングなどによる切削加工誤差をモデリングするのに有効です。
cv_uds_sinusoid.dllは、C:\CODEVXXX\umr に提供されています。

サンプルソースファイル:
C言語版 => 本文下の添付ファイルよりダウンロードしてご利用ください。
Fortran版 => C:\CODEVXXX\umr\IntelF

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能