FAQサンプル(サポートサービス): ゴーストの様子を2次元描画で確認する事はできますか? 〜その2〜

質問

タイトル(要点) ゴーストの様子を2次元描画で確認する事はできますか? 〜その2〜
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > アプリ別/部品別 > 撮像光学系
CODE V FAQカテゴリ > 解析 > その他の解析 > ゴースト解析
CODE V FAQカテゴリ > サンプル > マクロ
本文 ゴーストの様子を2次元描画で確認する事はできますか? 〜その2〜

回答

本文

CODE V10.1から、「GHOST_VIEW.SEQ」マクロが改良され、
光路図だけでなく照明解析(LUM)を用いた解析結果も出力される
ようになりました。
その結果、ゴーストスポットの様子を把握しやすくなりました。

しかし、このマクロのLUMオプションで解析してくれるのは、軸上画角のみです。
そこで、軸外画角にも対応するよう、マクロ内部を編集してみました。

LUMオプションは、他の解析オプションではエラーとなるような状況
でも像面まで光線追跡を行ってくれ、結果が得られます。

添付ファイル(ghost_view_kai.seq)をダウンロードし、作業

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能