FAQサンプル(サポートサービス): CODE V と LightTools のレンズ面形状定義の違い

質問

タイトル(要点) CODE V と LightTools のレンズ面形状定義の違い
カテゴリ LightTools FAQカテゴリ > 機能別 > データ変換・入出力
LightTools FAQカテゴリ > 機能別 > モデリング > レンズ形状
CODE V FAQカテゴリ > 設定 > 面特性 > 面形状
本文 CODE V と LightTools のレンズ面形状定義の違い

回答

本文


CODE V と LightTools では[レンズ面形状]をモデリングするための[曲率半径]などのパラメータの[座標系]の取り方に違いがあります。

添付の資料をご覧ください。この資料は CODE V と LightTools の[面]の定義の違いについて説明した図です。

CODE V では、その[面]に設定されている[ローカル座標]の [Z軸]に対して[曲率or曲率半径]の正負で[面]の[凹凸]を指定します。具体的には [+Z方向]に飛び出しているとき正、[-Z方向]に飛び出しているとき負となります。

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能