FAQサンプル(サポートサービス): 周辺光量比をコンストレインツに定義するには?

質問

タイトル(要点) 周辺光量比をコンストレインツに定義するには?
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > 最適化 > 光学特性コンストレインツ
本文 周辺光量比をコンストレインツに定義するには?

回答

本文

CODE Vには透過率解析を行うTRA_1FLDマクロ関数が用意されています。このマクロ関数を使用し、ユーザ定義コンストレインツとして周辺光量比を定義することができます。 

TRA_1FLDマクロ関数は、ユーザ指定の画角における平均透過率と像空間の射影立体角、照度を計算します。関数が正確に計算されると返り値は0になります。


シンタックス
TRA_1FLD(zoom_pos,x_fld,y_fld,nrd,geo_or_stokes,grid_scale_fact,pol_input,output) 

使用方法に関しては

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能