FAQサンプル(サポートサービス): コーティングをその特性から定義したいのですが...

質問

タイトル(要点) コーティングをその特性から定義したいのですが...
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > 設定 > 面特性 > コーティング・偏光特性
本文 コーティングをその特性から定義したいのですが...

回答

本文

開発元であるSynopsys社が提供するユーザ定義面特性サンプルを使用すれば可能です。 

光学表面処理(コーティング)は、反射防止膜(ARコート)、ミラーやフィルタなど様々な用途で利用されています。CODE V に実装している多層膜コーティング設計(MUL)オプションでは、薄膜コーティング層(膜材料または屈折率などの物理特性、膜厚、重ね合わせの順序や回数)について設計が行えます。MULオプションで作成したコーティングはファイルとして保存しレンズ面に適用することができます。もちろんこの多層膜の特性を考慮して各解析が実行されます。

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能