リリース情報バージョン11.1

CODE V最新バージョンCODE V 11.1がリリースされました。

リリース日

2017年9月

主な新機能と特徴

MTFを対象とする最適化の強化

CODE V 11.1ではMTF_1FLDマクロ関数が機能強化され、像面のノミナル位置に加え、スルーフォーカス位置でのMTF計算をサポートするようになりました。これにより、最適化でMTFのデフォーカス特性を直接制御できるようになりました。光学パラメータを手動で調整することなく、MTFのデフォーカス特性の対称性の確保を正確に行うことができます。さらに、新しいMTF_1FLDマクロ関数による計算はスレッドセーフであるため、最適化時にマルチコアによる並列計算に対応しており、迅速に設計を進めることができます。この機能は特に、製造性を高めるために必要となる、コンパクトなカメラモジュールとセンサーの最適な配置の決定に有効です。


CODE V11.1の新機能を使用してMTFのデフォーカス特性を最適化した例
左が最適化前の状態、右が最適化後の状態

材料およびレンズデータベースの拡張と改良

  • 市販のカタログレンズの検索および選択のためのインターフェースが刷新されました。焦点距離、形状、サイズ、材質といったレンズの仕様によるソートができるようになり、検索性が向上しています。これにより、カタログレンズを利用した光学系の設計や解析が行いやすくなりました。また新しく非球面レンズのカタログが追加され、既存のレンズカタログについてもアップデートが行われています。
  • Nikonの可視/UV用ガラスカタログが追加されました。
  • CDGM、光ガラス、NHG、オハラ、Schott各社のガラスカタログが最新版にアップデートされました。新たにCDGMガラスで温度係数の計算のための分散式が利用できるようになり、より正確な環境変化解析が行えるようになりました。
  • 原器合わせを行う最適化のための原器データベースが更新されました。レンズ製造会社の提供する既存の原器に合った球面形状を利用した光学設計を行うことで、球面レンズの測定コストを削減し、安価なレンズ製造が可能になります。

カタログレンズ選択のための新しいインターフェース。焦点距離やサイズなどによるソートが可能になりました

小型レンズの描画の改善

スマートフォン用のカメラレンズで多用される、小さく複雑な非球面を描画する機能が改良されました。これまでは、凹面を表示する際に開口径に追加される増分量が微小なレンズに対しては大きすぎたため、スマートフォンレンズのような高次の非球面項を持つ形状に対しては周辺部の描画品質が低下することがありました。CODE V 11.1では、このような小型レンズに対して独自の処理が行われ、表示が改善されます。


小型レンズ描画の改善

Macro-PLUSの機能強化

CODE Vのマクロ機能Macro-PLUSが機能強化され、新たなコマンドの追加、同梱される各種マクロのアップデート、新規マクロの追加が行われています。

  • コマンドウィンドウのテキスト表示をクリアするためのコマンド CCWが新しく追加されました。
  • ユーザー定義公差解析マクロTOLMONTEおよびTOLDIFの機能強化とバグ修正が行われました。性能評価指標がズームポジションに関連しているかどうかを指定することができるようになるなど、計算の効率化や出力の適正化が図られました。
  • 任意の波長および温度でのdn/dT値を計算するためのマクロDNDTCALCがアップデートされ、ベンダ間で重複しているガラス名を指定するために、カタログ名の指定が行えるようになりました。また、このマクロで使用するデータファイルでは、CDGM、光ガラス、Nikonの各硝材のデータがアップデートされています。
  • レンズ内の熱勾配をモデルリングするための熱勾配面(THG)を等価な非球面(ASP)に変換するマクロTHG_TO_GRINが新しく追加されました。変換後は、屈折率分布はGRIN材質として設定されます。
  • 光学系の反転を行うためのマクロILREVERSがアップデートされ、適用可能な光学系タイプが追加されました。CRA/RRAコマンドにより参照光線の照準点がユーザー定義されている光学系や、像面前に負の面間隔を持つ光学系を反転できるようになります。

その他の更新および修正項目

  • Zygo MetroProのデフォルトのファイル形式(*.CVG or *.ZFR)をINTファイルとして参照できるようになりました。
  • バグの修正

本リリースについての詳細および修正されているバグの情報等に関してはリリースノートをご覧下さい。
閲覧には事前にこちらからユーザー登録が必要です。