CODE V とは?

CODE V は強力な自動設計機能を有する本格的な光学設計評価プログラムです。

CODE Vは、光学系の設計や評価などを行うための、Synopsys社製のプログラムです。光学系の設計や各種の光学計算において必要とされる、あらゆる機能を搭載しているツールです。光学系の構想から設計、製造における公差解析、コスト解析、製造時の調整機構検討にいたるまで、開発の全ての段階で光学技術者をサ ポートします。

幾何光学、波動光学的な性能評価だけでなく、公差解析、環境変化解析、パーシャルコヒーレント解析、ファイバー結合効率解析などをサポートしています。さらにユーザー定義プログラムやマクロプログラムによる非常に高い拡張性を持っています。
カメラレンズ系や投影レンズ、スキャン光学系だけでなく、HUD・HMDなどの虚像を形成する光学系、光通信用光学系分野、オプティカルMEMS分野でのDMD(デジタル・ミラーデバイス)を使用した光スイッチなど様々な分野の光学設計で利用されています。

適用アプリケーション

CODE V では、どのような光学系をモデリングできるのでしょうか。
ここでは、CODE V が実際に利用されているアプリケーションの例を紹介しています。

詳細はこちら

特長

CODE Vには、他のソフトウェアでは実現することのできない、技術的に非常に高度な機能が多く実装されています。 ここでは特に高速で精度の高い公差解析機能について紹介します。

詳細はこちら

機能一覧

光学設計評価プログラム CODE V の主な機能の一覧を紹介しています。

詳細はこちら