リリース情報(CETOL 6σ 8.3)

最新バージョンのリリース情報を説明しています。

リリース概要

CETOL 6σバージョン 8.3

CAD上で設定された3Dアノテーションの公差情報をCETOL 6σに直接取り込むことが可能となり、CETOL 6σの設定時間は大幅に削減されます。また、この新機能はCAD上の3Dアノテーション情報とCETOL 6σの設定情報の相互連携を可能とし、CADもしくはCETOL 6σで加えられた変更は双方に反映されます。これにより、CAD上で設定された最新の設計情報と常に連携した公差設計が行えるため、設計プロセスに沿ったデータの取扱いや運用管理が可能となります。

新機能と特徴

フィーチャアノテーションのインポート

CAD上で設定されたサイズ寸法もしくは幾何公差をCETOL 6σモデルにインポートできます。
更に幾何公差をインポートする場合、CETOL 6σモデルに参照データムが存在していない場合は、参照データムが自動的に追加されます。


設定済のCADアノテーションをCETOL 6σの設定情報へ取り込み

CAD寸法とのリンク

CETOL 6σモデルの寸法または幾何公差を、CADモデル内の寸法もしくは幾何公差にリンクする事が出来ます。リンクされた寸法および幾何公差をCADもしくはCETOL 6σで変更した場合、双方に反映されます。


双方向で公差値変更情報の更新が可能

過去のリリース情報


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール