この機能で問題解決現実のバラツキを考慮して問題の原因究明を行いたい時

製品のライフサイクルが短期化する中、量産時に発生する公差に起因する問題の早期解消は重要課題の一つになっています。
この問題の原因を検証する際、試作時の測定データや量産実績から現実のバラツキ状態が分かっている場合、この情報を公差解析に加味することによって、今現場で起きている問題の原因を、的確に把握することができます。


詳しいバラツキ情報入力機能はこちら


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール