この機能で問題解決公差解析の結果を容易に比較したい時

設計変更の前後、類似品の比較等、設計条件を変えた解析結果を比較するケースは多いと思います。
この時、解析結果のレポートフォーマットが異なっていると、比較検討に時間を要してしまいます。
そこで、レポート機能を使用していただくことで、統一されたフォーマットでレポートを素早く作成できるため、両者の結果の相違点を効率的に確認することができます。


詳しいレポート機能はこちら


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール