この機能で問題解決公差設定に悩んだ時

ベテラン技術者であれば様々な経験をもとにした、公差の設定基準を頭の中に持っています。
しかしながら、その頭の中にある設定基準を取りだして若手技術者に引き継がせることは不可能です。
また、ベテラン技術者間でもその判断基準が異なる場合があります。
そこで、寸法寄与度を基準としたルールを定めておけば、定量的数値に基づき、だれでも同じ基準で設定できます。


参考例

詳しい寸法寄与度の機能はこちら


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール