この機能で問題解決DRでの意思疎通を促進し、意見を素早くまとめたい時

プロダクトマネージャー、設計者、生産技術者、購買担当など様々な方が一堂に会し、製品の設計確認を行うDRの場では、それぞれの立場に応じて着目点が変わってきます。
従来のDRでは、資料の不備や指摘事項の再確認が発生すると、持ち帰りの検討が必要となり、結論が先延ばしされ意見集約に遅れが生じます。
そこで「公差」の観点から、それぞれの意見・立場の調整を行う際、Analyzer使用して、それぞれの意見を検証することにより、意思疎通が深まり、意見集約・意思決定が加速します。

詳しいAnalyzerの機能はこちら


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール