公差解析データの運用CADデータに公差解析データを追加

CETOL 6σで設定された情報は全て3次元CADデータに追加されます。部品に関する情報は部品データに、組立てに関する情報はアセンブリデータに保存されます。それぞれの設計中に必要な情報を入れておけば、組立性検証時には必要最低限の操作で公差解析結果が得られます。またCADデータに公差解析の全ての情報が追加されるため、CADデータと公差解析の情報を個別に管理する必要がなく、設計情報の一元管理に役立ちます。


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール