品質改善を支援する出力品質向上が構造の再検討から可能

品質改善を検討する際、組立てバラツキが要求品質の中央値から外れている場合、公差の見直しのみの改善は、コストアップに直結する可能性があります。CETOL 6σでは、公差の見直しを行う前に、寸法寄与度に基づく構造(部品寸法)見直しから始めることが出来ます。構造の見直しからはじめることで、低コストの改善案を見つけることが可能となります。

品質改善検討

寸法寄与度に基づく、構造の見直しから始めることで、低コストの改善案を検討可能です。


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール