現実の状態を反映できる入力実測データや過去の量産時の実力値をインプット

試作時の実測データや、過去の類似品における量産時の実力値が分かっている場合、CETOL 6σではこれらデータを基に、工程能力(Cp、Cpk)の設定や、バラツキのタイプを選択することで、手計算では考慮の難しい「現実のバラツキ」を加味し、より現実に即した公差解析を行うことが出来ます。

様々なバラツキ情報をサポート

実測定の結果から、バラツキのタイプを「正規分布、一様分布、ラムダ分布」から選択できます。

正規分布

中央値・標準偏差

一様分布

上下限値

ラムダ分布

平均値・標準偏差・歪度・尖度


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール