システムモーメント法とは

公差演算の研究を行う米ブリガムヤング大の「ADCATS(Association for the Development of Computer-Aided Tolerancing Systems )」創設者であるDr. Ken Chaseにより開発された公差解析手法です。特徴として、公差解析の入力情報となる寸法や角度を関数として定義し、高速な演算を行うことができます。

モンテカルロ法との違い
  • 乱数を元にサンプルをランダムに組み立て、バラツキを評価する汎用的な方法
  • 結果がサンプリングの最大、最小値に左右されやすい
  • 傾向は掴めるが、正確性はサンプリング数に依存
  • 3次元公差解析を行う目的で開発された手法
  • 結果はバラツキ曲線そのもの。精度にバラツキはない
  • サンプリングが不要なので演算が早く、設定変更に対しても瞬時に結果を算出

公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール