工程能力指数

工程能力指数とは?

工程能力指数とは、定められた規格限度(公差範囲内)で製品を生産できる能力を表す指標です。この工程能力指数には「Cp」と「Cpk」の2種類があります。

  1. Cp:公差域幅と実際のバラツキ幅(6σ)との比を表したもの。

    クリックで拡大表示
  2. Cpk:Cpに公差中心と実測データ平均との偏りを考慮したもの。

    クリックで拡大表示

工程能力指数(Cp)と標準偏差の関係

工程能力指数を計算することで、公差域外のものがどのくらいの確率で発生するかを予測する事ができます。
例えば、Cp=1.0の場合、

つまりCp=1.0は±3σと同じバラツキ状態を示し、この時公差域外のものが発生する確率は「約0.3%」となります。

ここで、両側公差の公差値をTとすると、公差域は2Tで表され、Cp=1.0であれば、2T=6σ⇒T(片側の公差域)=3σ となり、片側の公差域を標準偏差の倍数として表すことが出来ます。

公差解析手法

関連ページ


最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール