工程能力が異なる場合

工程能力が異なる場合、統計的手法での計算方法は?

異なる工程能力を持つ公差値が存在する場合には、「各公差値に係数をかけバランスを取る」工夫が必要になります。


クリックで拡大表示
(計算例)

  • 部品A,Bを積み重ねた時の高さのばらつきTzを求める
  • 求めるバラつきの値は、3σ(Cp=1)のときの値とする。
    • 部品A・・・高さ寸法10±0.5; 工程能力Cp=1
    • 部品B・・・高さ寸法15±0.8; 工程能力Cp=1.33

この場合、部品Bの工程能力が異なるため、求めたい条件のCp=1に合わせるための公差値にかける係数を計算します。


クリックで拡大表示
この係数は、それぞれの比を取ることで求められます。

従って統計的手法での計算式は次のようになります。

この様に工程能力の異なるものを含む場合は、全体の条件に合わせて計算を行います。

7.計算してみよう

関連ページ


最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール