マイナーバージョンアップ(リビジョンアップ) MicroAVS Ver.17.0 ダウンロード

MicroAVS 17.0 の 修正パッチがダウンロードできます。

機能追加・バグフィックス

MicroAVS 17.0 Rev.B

以下の機能が追加されています。

  • 等数値面セグメンテーションの「RGB指定」をアプリケーションに保存できます。また、RGB色設定のファイル保存・読み込みも行えます。
  • 「データの圧縮(ダウンサイズ)」の数値を初期値設定パネルで変更できるようになりました。
  • 「印刷用カラー(背景白)」に対応するオブジェクトを拡張しました。凡例ベクトルや、「色」チェックを外した線コンター、流線にも適用されます。

以下の仕様変更が行われています。

  • 「データの書き込み(画像保存)」ダイアログの「ファイルの種類」で表示される画像フォーマットの整理、順番変更を行いました。
    選択可能なフォーマットが「*.png, *.jpg, *.bmp, *.gif, *.gif87, *.tif, *.x, *.ps, *.wrl」の 9 つになっています(選択デフォルトは *.png)。
    ※上記以外の非表示になったフォーマットを復活させることもできます。
    下記 『ファイルの種類の編集について』 をご覧ください。
以下の不具合が修正されています。
  • Gaussian Log データが他のデータと同時読み込みできない
  • MicroAVSポータル起動時に「ドライブにディスクがありません」というエラーが出る
  • 64bit版のマルチビュー操作時に「評価期間が終了しました」と出て使用できない
  • UCDのラベル文字数が多くなると読み込み時エラーで異常終了する
  • 初期値設定で FLD の 「swap」 のチェックが反映されない
  • アニメータ2Dの連番画像保存で TIF を選ぶと画像が反転保存される
  • カラー鳥瞰図の「色」チェックを外すと鳥瞰図が消えてしまう
  • スクリプトのヘルプが開かない
  • 立体視オプション版で、アニメータ3DのステレオモードをONにすると異常終了する
  • ImgToVol:画像データ読み込み時とFLD変換時にウィンドウフォーカスを占有してしまう
  • ヘルプ内容の修正

ダウンロードデータ

インストーラー付きと差分パッチを用意しています。ご利用のネットワーク環境に合わせてダウンロードして下さい。

インストーラ付き MicroAVS 17.0 Rev.B (新規インストールに対応)

Standard/Pro版/裸眼立体視対応版共通

  • Rev.A が既にインストールされているマシンにインストールする場合、
    お手数ですが Rev.A をアンインストール後に Rev.B のインストールをお願い致します。
    また、インストール後は 『ライセンス登録』 を改めて行って下さい。
  ファイル名 サイズ md5値
MicroAVS 17.0 32bit版
(裸眼立体視対応版含む)
mavs17b_32i.zip 180MB 6c32d97a415278598938782eb9bf42d8
MicroAVS 17.0 64bit版 mavs17b_64i.zip 175MB 3e8680772209471cb52296d5b81dce9d

差分ファイルRev.B パッチ (Rev.A → Rev.B)

Standard/Pro 版共通

  • こちらは既にインストール済みの Rev.A に上書きする形で使用します。
  ファイル名 サイズ md5値
MicroAVS 17.0 32bit版 mavs17b_32.zip 28.6MB 6381bd05c5035ad712664202decf1005
MicroAVS 17.0 64bit版 mavs17b_64.zip 30.0MB d3a1303d038ca5a40f336a6f473f29b2
MicroAVS 17.0
裸眼立体視対応版
mavs17b_isl.zip 29.0MB 7f5df06bf6d8b99c35b11449dc34d1b5

インストール方法

[インストーラー付き] と [差分ファイル] とで、適用方法は異なります。
以下の手順でインストールしてください。

[インストーラ付き]をダウンロードされた方

  1. MicroAVS 17.0 ご購入時に同封されていたユーザー登録番号ライセンス番号を控えておいて下さい。
  2. MicroAVS 17.0 Rev.A がインストールされている場合はアンインストールして下さい。
  3. ダウンロードした zip 形式ファイルを解凍し、setup.exe をダブルクリックして起動します。 その後は画面の指示に従ってインストールして下さい。
  4. [MicroAVS 17.0 portal] を起動し、[スタート] タブにある [ライセンス登録] ボタンをクリックしてください。
    表示されたライセンス登録ダイアログにユーザー登録番号とライセンス番号を入力してください。

[差分ファイル]をダウンロードされた方

以下の手順でパッチをあてて下さい。

  1. ダウンロードした zip 形式ファイルを解凍します。
  2. 5個のフォルダ BIN, HELP, RUNTIME, TOOL,V が解凍されます(32bit/64bit共通)。 これを MicroAVS 17.0 (Rev.A) のインストールディレクトリ下の同名フォルダに上書きして下さい。
ご注意:
差分パッチ適用後、
  • MicroAVSポータルや本体等の起動時に「セキュリティの警告」ダイアログが出る
  • ヘルプの項目をクリックしても該当ページが表示されない
といった状態になる場合は、下記「差分パッチ的用後のセキュリティ警告について」をご覧ください。

「ファイルの種類」の編集について

Ver.17.0 Rev.B では、画像保存時の「ファイルの種類」において一般的に多用されるフォーマットに絞った表示を行っています。

しかしながら、表示されなくなったフォーマットについても、RUNTIME フォルダの下にある writer.db を編集することでVer.17.0 Rev.A 以前と同じように表示・選択できるようになります。

具体的な編集手順についてはヘルプの
「印刷、画像データの保存」→「画像データとして保存する」内にある
「補足2:writer.db の編集について」をご参照ください。

なお、Rev.B 適用後に表示フォーマットを Rev.A の状態に戻されたい場合は以下のファイルをダウンロードし、適用をお願い致します。

writer.db(MicroAVS 17.0 Rev.A 版) (1.31KB)
※解凍したフォルダ内にある「適法方法について.txt」をご覧ください。

差分パッチ適用後のセキュリティ警告について

差分パッチを適用後、以下のような状態になる場合があります。

  • MicroAVS ポータルや本体等の起動時に「セキュリティの警告」というダイアログが表示される
  • ヘルプの「目次」の項目をクリックしても、右側にヘルプ内容が表示されない

このような場合、以下のどちらかの手順を行う事で以後は問題なく利用できます。
(下図もご参照ください)

  • 実行時に「セキュリティの警告」が表示される場合、そのダイアログ左下にある「このファイル開く前に常に警告する」のチェックを外す
  • 警告が出る実行ファイルやヘルプファイルのアイコン上で右クリックして「プロパティ」を選択し、「全般」タブの下部に「ブロックの解除」ボタンがあるかどうかを確認、ボタンがある場合はクリックしてブロックを解除する
<問題が起こる可能性のあるファイル>
実行ファイル
<インストールフォルダ>\BIN\
maclient.exe
MAeditpanel.exe
MAeditpanel_en.exe
MAVSappManager.exe
MicroAVS.exe

ヘルプファイル
<インストールフォルダ>\HELP\ja_JP\MAVS17.chm