表示 線や面の色を変更したい。

対処方法

以下の手順で変更ができます。

  1. 物体の表示窓右下の 「物体の選択」 リストから、色を変更したいオブジェクトを選択します。
  2. [物体] - [色と質感の指定] を選択します。
  3. 表示されたダイアログの左側の各色のパレットをクリックすると、1で選択したオブジェクトの色が変更されます。[パレット] を [スライダー] に変更すると、赤、緑、青の値を変更することによる細かな色指定が行えます。
  4. 色の変更が終わったら、「物体の選択」 リストを 「すべての物体」 に戻しておきます。

成分値(カラーマップ) による色付けが行われている可視化メソッドのオブジェクトは、そのままでは色変更が行えません。あらかじめ各可視化メソッドのパラメータにある 「」 チェックを外して白色にした状態で上記操作を行ってください。

なお、元々のファイルに頂点の色情報が定義されている形状データ (MGF等) は色変更が行えません。


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS評価版ダウンロード
AVS/Express English Website