AVS/Express 講習会スクリプト・自動化コース

AVS/Expressの可視化ネットワークを保存するアプリケーションVファイルで使用されているV言語は、スクリプトとしても利用可能です。
本コースでは、ユーザーインターフェース上から行っている、操作をV言語のスクリプトで実行し、複数ステップデータの読み込み、画像出力、動画作成までの可視化処理の流れを自動化することを目的とします。V言語のスクリプトはジャーナル機能で保存再生が可能ですが、この保存されたファイルの編集方法、複数ステップファイル、連番ファイルとの組み合わせ、動画作成までの手順などについて解説します。
スクリプトを利用することで、可視化に時間のかかる場合でも、「夜に処理を開始して次の日の朝には動画まで出来上がった状態にする。」といった利用方法が可能になります。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。


お申し込みに関する注意事項
お申し込みは、お一人様につき1回行ってください。
開催日の1週間前の時点で、最少開催人数に満たない(1名以下の)場合、中止とさせていただくことがあります。その場合はご連絡いたします。
キャンセルされる場合は、前日午前中までにご連絡ください。ご連絡がなくキャンセルされた場合は、参加費用をご請求させていただきます。
お支払い方法は、セミナー開催日の7銀行営業日前までに、銀行振込みにてお願いいたします。受講を希望されるお客様は、お申し込み完了後、振込通知書をご提出ください。

開催概要

会場 東京本社 セミナールーム[地図]
参加費
保守契約ご加入ユーザー様 無料
保守契約非加入 ユーザ様、 非ユーザ様 32,400円(税込)/お一人様
対象 ・同じ可視化処理を繰り返し効率的に行いたい方
・時間のかかる可視化処理をバックグラウンドで行いたい方
対象レベル 既に AVS/Express を利用しており、基本的な操作法を習得されている方。
主催 サイバネットシステム株式会社

内容

  1. ジャーナルを利用したV言語スクリプトの保存、再生
  2. V言語スクリプトの編集方法
  3. 複数ステップデータの取り扱い
  4. 処理と中の形状データの保存、読み込み
  5. 画像、動画、GFAファイルへの保存

コンサルティング

講習会終了後(17:00〜17:30)
可視化全般に関するご相談時間をお受けします。(希望者のみ)