MicroAVS バージョン17 リリース情報

MicroAVS バージョン17のリリース情報を掲載しています。

リリース概要

MicroAVS バージョン 17

本バージョンアップでは、自動保存機能により可視化作業の中断・再開がスムーズになります。また、形状データの読み込み機能が強化されています。

リリース日

販売開始: 2013年10月24日
出荷開始: 2013年12月18日

主な新機能と特徴

初期起動や外部ツールへのアクセス、可視化作業の再開がスムーズに!

MicroAVSポータル画面の導入

V14から登場した「アプリケーションマネージャ」が大幅に機能拡張され、MicroAVSに関する様々な機能へアクセスできる「MicroAVSポータル」となりました。これまでの「アプリケーションの管理」だけでなく、インストール直後のライセンス登録や初期値設定、読み込むデータをあらかじめ指定しての起動、ファイルチェッカー、ImgToVol、ファイル作成支援ツール等の各種外部ツールの起動など、MicroAVS起動に関連する機能にスムーズにアクセスできる起点ツールとなります。

終了時自動保存&履歴リストからの再開

MicroAVS終了時にそれまでの操作記録(アプリケーション)が自動的に保存されるようになりました。「物体の表示窓」に可視化結果が表示された状態で終了すると、その時の状態が自動的にMicroAVSポータルの「履歴リスト」に保存されます。履歴リストの項目をダブルクリックするだけで終了時の状態が再現されます。
従来の「アプリケーションVファイルに保存し、次回起動時にVファイルを指定して読み込む」という操作が不要となり、可視化の中断・再開が非常にスムーズになりました。中断するときは「履歴リスト」、最終結果は「アプリケーションマネージャ」に保存、といった使い分けが可能です。

情報系可視化にも役立つ、形状データバリエーション・読み込み機能の強化

「マーカー」「パーティクル・トレース」で任意形状が使用可能に!

「マーカー」、「パーティクル・トレース」メソッドにおいて、ユーザーが任意の形状を読み込ませてマーカー/パーティクルとして使用できるようになります。対応フォーマットはSTL、OBJといった一般的なものやUCD(形状のみ)、新規読み込み対応となるMD2等。近年、直感的に分かり易い具体的な形状(建物、人物等)の大きさ、高さで視覚効果を高める「情報系可視化」が重要視されるようになっていますが、MicroAVSでも任意形状マーカー、パーティクル機能により情報系可視化を強力にサポートします。

MD2形式の読み込み

テクスチャ情報、アニメーション情報を付加できる3次元形状フォーマットであるMD2形式の読み込みに対応します。


MD2形式のビル形状(右下)をマーカーとして用いた例

形状データとしてのUCDファイル読み込み

これまで読み込めなかった“成分値を持たない”UCDファイルを、『形状データ』として読み込めるようになります。複数の成分値無しUCDの同時読み込みや、成分値を持つUCDやFLDとの同時読み込みも可能です。

MGF形式の要素に「回転体」を追加

形状を定義するMGFフォーマットの要素として、新たに【回転体】が追加されました。MGF回転体は(X, Y)の2次元座標で輪郭線を指定し、その輪郭線をX軸中心に1回転させることで作成される形状です。
輪郭線の定義の仕方により円錐や楕円・すり鉢のような形状も作成できます。他のMGF形状と同様に時系列変化や複数同時読み込みにも対応します。回転体の追加により、形状定義のバリエーションが拡がりました。

その他基本機能の改良・追加

VTKフォーマットの読み込み

近年、可視化データフォーマットとして拡がりを見せているVTK。既存のバージョンでは形状のみ読み込み対応していましたが、本バージョンからは成分値の読み込みにも対応し、MicroAVS上でVTKデータの可視化が可能となります。

等数値面セグメンテーション機能

「等数値面」メソッドにおける、「表示された複数の塊を任意で表示・非表示にしたい」「細かな塊を消去したい」といったご要望に対応しました。連結した等数値面を1つのセグメントとして、セグメントごとに色分けや表示・非表示の指定が行えます。また、セグメントの表面積をしきい値とした表示・非表示コントロールも可能です。

キーフレームアニメータ改良

幾何変換や可視化パラメータの一部を滑らかに行えるキーフレームアニメータ機能において、新たに透明度等のオブジェクト属性パラメータも滑らかに変化させられるようになります。透明度を徐々に下げて内部構造を見せる等、動画作成のバリエーションが拡がります。

SRTM3 地図データの読み込みに対応

「国土地理院データ抽出ツール(GIS Data Extractor)」で変換可能なデータとして、NASA提供の『SRTM3』が追加されました。指定した領域をMicroAVSのFLD形式として出力することができます。

Windows 8 に対応。タッチ操作も可能

Windows 8 に対応しました。タッチ操作によるメニュー/ボタン選択や物体の回転・拡大縮小操作も可能です。
※「物体の表示窓」上での右クリック、右ドラッグが必要な動作(クイックメニュー表示やマウスドラッグによる平行移動)には対応しておりません。