ビジュアルプログラミング可視化ツール AVS/Express Developer動作環境

最新バージョン : AVS/Express 8.4

注意事項
オプション製品の“地図情報可視化オプション”はWindowsのAVS/Express Developerのみ、“Smootherモジュールオプション”は Windowsでのみ対応しています。
標準機能の一部については Windows 版のみご利用いだけます。(粒子ボリュームレンダリング, Fusion、ポイントスプライトなど)

Windows(32bit)

構成 稼働環境
OS Windows 7 / 8 / 10 (32bit)
対応機種 Intel x86
コンパイラ Visual Studio 2015 / 2017
Intel Fortran 16.0
※コンパイラは機能追加・モジュール開発に必要です。Visual Studio Express Editionでは機能追加・モジュール開発は行えません。

Windows(64bit)

構成 稼働環境
OS Windows 7 / 8 / 10 (64bit)
対応機種 AMD64 / Intel EM64T
コンパイラ Visual Studio 2015 / 2017
Intel Fortran 16.0
※コンパイラは機能追加・モジュール開発に必要です。Visual Studio Express Editionでは機能追加・モジュール開発は行えません。

Linux

構成 稼働環境
OS Red Hat Enterprise Linux 7.0 Red Hat Enterprise Linux 6.2
対応機種 Intel EM64T / AMD64 Intel EM64T / AMD64
コンパイラ gcc4.8
gfortran4.8
gcc4.4
gfortran4.4
その他 Motif 2.3.3 Motif 2.3.3

Mac

構成 稼働環境
OS Mac OSX 10.9 / 10.10 / 10.11 / 10.12
対応機種 Intel EM64T
コンパイラ Apple LLVM 6.0
Fink gfortran 5.2
その他 openmotif4


AVS/Express評価版ダウンロード
AVS/Express English Website