ビジュアルプログラミング可視化ツール AVS/Express Viz/Dev リリース情報AVS/Express バージョン 7.2

バージョン 7.2のリリース情報を掲載しています。

リリース概要

AVS/Express バージョン 7.2

本バージョンでは、各種機能の強化をしました。

リリース日

2007年10月

主な新機能と特徴

ノード値による半透明表示のサポート

これまで半透明の設定は、オブジェクト、面に対して透過度を設定していました。
バージョン 7.2では、加えて、ノードデータにα値を設定することで、半透明表示を行う機能がサポートされました。
データの大きさに応じて、透過度を変えた表示を行うことができます。

図の例では、コンター図の値が高い場所は不透明に、値が低い場所を透明にしています。

ソフトウェア球を作成するset_radiusモジュール

以前のバージョンでも、各ノードデータのidに"radius"(GD_RADIUS_DATA_ID)を設定すると、球の半径として扱うことができました。
この設定を行い、ソフトウェアレンダリングに設定すると、ポリゴン分割を行わないソフトウェア球を作成できます。
本バージョンではこの球を簡単に作成するモジュールset_radiusがサポートされました。

Vis5D読み込みモジュールをサポート

Viz5Dフォーマットのデータを読み込みモジュールがサポートされました。
MM5で計算された気象データなど、Viz5D形式に変換することで、読み込み、可視化することができます。

Windows版のユーザーインターフェースが Windows テーマに

ユーザーインターフェースがWindows XP/Vistaのテーマに変更されました。
左がこれまでのユーザーインターフェースで、右がバージョン 7.2です。

 

クリップボードにコピー機能(Windows 版)

Windows版で、表示画面をクリップボードにコピーできます。
メニューの他、アプリケーション開発者の方はViewのあるオブジェクトにトリガーを与えることでコピーすることができます。

大規模データを1台のマシンで可視化!

メモリ制限で可視化できないような大規模データを処理の繰り返しによって可視化するモジュールをサポートします。
大規模データをいくつかの領域に分割し、領域毎に可視化します。
全領域毎の可視化結果を合成し、最終画像を作成します。

上図のアニメーションでは、4分割されたデータを順番に読み込み、等値面を作成しています。
1回の処理では、1/4領域の可視化を行っています。
最終的に合成された全体領域の画像を作成します。


(クリックしますとアニメーションが再生されます。)

時系列グラフアニメーション

時系列データのアニメーションにあわせて、時系列データをグラフ化します。
上図の例は、河川の流れ解析の例で、各時刻の流量データをグラフ化し、可視化結果とあわせて表示しています。


データ提供:琉球大学工学部環境建設工学科 赤松様
(クリックしますとアニメーションが再生されます。)

FORTRAN Unformattedデータ読み込みモジュール

流体解析などの差分法計算でよく用いられているFORTRAN Unformatted形式で出力されたデータを直接読み込むモジュールです。
以下に示すような、格子数、XYZ座標値、時間情報、データ値の出力に対応しています。

  • WRITE IMAX, JMAX, KMAX
  • WRITE XYZ
  • WRITE TIME
  • WRITE DATA


AVS/Express評価版ダウンロード
AVS/Express English Website