ビジュアルプログラミング可視化ツール AVS/Express Developer可視化アプリケーション開発

AVS/Express Developerでは、エンドユーザにAVSを意識させない独自の可視化アプリケーションを、ランタイムアプリケーションとして作成、配布することができます。

ランタイムアプリケーション作成の流れ

AVS/Expressを利用したランタイムアプリケーション作成の流れと、必要なライセンスについては、以下のようになります。

※ランタイムライセンス価格については、価格表の、AVS/Express Developerの項目を参照してください

AVS/Expressでアプリケーションを開発するメリット

AVS/Expressを使ったアプリケーション作成には、以下のようなメリットがあります。

  • 豊富な可視化モジュールの利用
  • カメラ、ライト属性の利用
  • 結果を確認しながらの開発が可能
  • 部品の組み替えで、機能追加や変更が容易
  • 独自アルゴリズムの組み込みも可能
  • マルチプラットフォームに対応(UNIX,Linux,Windnws etc)

これらのことにより、アプリケーション開発の工数削減が可能となります。

AVS/Expressで開発したアプリケーションの活用例

AVS/Expressによるアプリケーション開発は、以下のように利用されています。

企業内や研究所内での利用

情報システム部門や、解析担当部門が、AVS/Expressを使った可視化アプリケーションを作成し、 企業内、研究所内のユーザに、ランタイムアプリケーションとして配布する。

【結果】
業務、研究に合った、可視化手法や、UIのカスタマイズなどによる操作性の向上や、不要なモジュールを含めずにアプリケーションが作成されるので、実行ファイルが軽くなり起動が早くなるなどのメリットもあります。
また、作成されたアプリケーションは、低価格のランタイムライセンスで稼動します。

受託開発における利用

受託開発などを行う会社が、特定顧客向けのソリューションをAVS/Expressを使って開発し、ランタイムアプリケーションとして納品する。

【結果】
モジュールとして提供されている可視化手法やUIのカスタマイズを組み合わせることで、開発工数が大幅に削減します。また、マルチプラットフォーム対応で複数機種での動作が必要なアプリケーション開発にも適しています。モジュール構造なので改良要求やメンテナンスにも有利です。

販売用製品開発での利用

自社の解析プログラムをAVS/Expressに組み込むことによって、製品を開発し、自社製品として外販する。

【結果】
UI、可視化部分については、AVS/Expressを使うことによって、自社のコア技術である解析プログラムの開発に資源を集中できる。また、移植性やメンテナンス性も向上します。

ランタイムアプリケーション開発事例ページにて、具体的な開発事例をご確認いただけます。


AVS/Express評価版ダウンロード
AVS/Express English Website