HOME

車両全体モデルにおける複合領域最適化

対象
その他
解析機能
構造、統合・最適化、衝突

概要

Audi社での車両全体モデルの最適化事例です。

課題

全車の重量を最小化したい

ソリューション

NVH解析にMSC Nastran、衝突解析にPAM-CRASHを用いて最適化を実施しました。通常は488日間(11,712時間)かかる最適化計算も、Optimusの優れた分散処理機能とワークロード処理ソフトLSFを組み合わせる事で、わずか17日間で最適解を算出する事ができました。Audi社では衝突時の歩行者安全基準を満たす為の最適化や、衝突時乗務員の安全確保の為の最適化など、数多くのケースでOptimusを活用しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る