お問い合わせ

Fusion

3次元アプリケーション合成表示ソフトウェア

Fusionとは

複数の3次元アプリケーションソフトを、リアルタイムに一つの3次元空間として表示

「 Fusion(フュージョン) 」は、複数の3次元アプリケーションソフトウェア(OpenGLベース)の描画空間を、リアルタイムに一つの3次元空間として融合し表示する画期的な技術です。
アプリケーションソフトウェアが出力するOpenGL描画情報をリアルタイムに取得して合成表示させるので、データコンバートの必要がなく、オリジナルの描画情報にもとづく忠実なデータ表示が再現できます。
立体視ディスプレイや、CAVE、PowerwallなどのVRシステムへのバーチャルリアリティ表示に対応した「FusionVR(フュージョン・ブイアール)」と、Fusionの3次元合成表示機能を自身のソフトウェアに取り込むことを可能にする開発者向けAPI「FusionSDK(フュージョン・エスディーケイ)」があります。

ソリューション

特長

リアルタイム

オリジナルのアプリケーションソフトウェアが動作しているので、作業しながらその結果をリアルタイムにFusion空間上に反映することが出来ます。

再現性

オリジナルのアプリケーションソフトウェアの描画情報をもとにFusion空間上に画を再現しているため、オリジナルのデータに忠実に画が再現されます。

遠隔地対応

ネットワークを通してアプリケーションソフトの描画情報を遠隔地に送り融合させることが可能です。また、空間上に融合されている各々のデータは個別に移動・回転操作がローカルで可能です。

バーチャルリアリティー

Fusion空間はバーチャルリアリティー的処理も加えることができ(FusionVR)、立体視や視点位置のトラッキング等でバーチャル空間上で実寸大に表示することも可能です。

ソリューション

活用例

FusionSDK(フュージョン・エスディーケイ)

Fusionの3次元合成機能の開発者向けAPI 版です。
OpenGLを使ったソフトウェアの3次元表示をご自身のソフトウェアの中に取り込む事ができます。

活用例

地球シミュレータなどで利用されているVR用の汎用シミュレーションデータ可視化プログラム VFIVEに、AVS/Expressの3次元表示を合成しました。
(中央大学)

ソリューション

FusionVR (フュージョン・ブイアール)

「FusionVR」は、VR(Virtual Reality) ランチャーソフトウェア「EasyVR※」と組合わせることで、複数のアプリケーションをリアルタイムに合成して、立体視ディスプレイや、CAVE、PowerwallなどのVRシステムへ出力することが可能です。

ソリューション

活用例

室内気流解析(AVS/Express)と住空間デザインCADの合成事例

MicroAVSとオリジナルのOpenGLアプリケーションとの合成

お気軽にお問い合わせください

AR/VRのご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。