材料物性取得のためのソリューション

「解析したいテーマはあるが、解析に必要な材料物性値がない」
そんなお悩みはありませんか?
サイバネットシステムでは材料物性取得のためのサービスやツールをご提供しております。

材料物性取得のアプローチ

材料測定サービス

特定の材料について、精度よくデータを取得したい場合に最適です。お客様に替わって材料物性データを測定します。

取得できる材料データの例

  • 構造解析用
    ヤング率、ポアソン比、弾塑性特性(単軸の応力-ひずみ)、超弾性特性(単軸、二軸、せん断の応力-ひずみ)、粘弾性特性(周波数毎の貯蔵弾性率、損失弾性率)
  • 樹脂流動解析用
    ヤング率、ポワソン比、PVT、粘度、比熱、熱伝導率、線膨張係数、粘度成長曲線、DSCによる反応熱発熱データ

詳細

構造解析用
樹脂流動解析用

材料データベース

多種類の材料物性データを必要としている方に適しています。線形材料だけでなく、弾塑性材料や疲労特性も収録されています。

取得できる材料物性データの例

ヤング率、ポアソン比、密度、線膨張係数、弾塑性特性、疲労特性、熱伝導率、比熱

詳細

構造解析、伝熱解析
ANSYS Workbench対応金属・ポリマー材料データベース CYBERNET Total Materia
IDAC ANSYS Workbench 材料データベース

電磁界解析
永久磁石ライブラリ(ANSYS Maxwell / ANSYS RMxprt)
Simplorerモデル作成サービス

CAEによる数値材料試験

特に複合材料の解析に適しています。複合材料は材料設計の自由度が高く、種類も多様なため一般的なデータベースが存在しません。
また、異方性材料であるため方向ごとに測定が必要となり、等方性材料の場合よりも測定回数が増加し、コスト高の原因となります。さらに薄板構造の場合は、厚みやせん断方向の測定が困難になります。
数値材料試験をお使いいただくことで、これらの問題を回避可能です。

取得できる材料物性データの例(異方性)

ヤング率、ポアソン比、線膨張係数、熱伝導率、電気抵抗率、透磁率、誘電率、浸透係数、弾塑性特性、超弾性特性、粘弾性特性、クリープ特性、損傷特性

詳細

マルチスケールCAEツール「Multiscale.Sim」

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ