高度なカスタマイズ技術

こんな事でお困りではありませんか?

製品開発のプロセスを効率化するツールとして、CAEはものづくりの現場に定着しました。
しかし、解析を担当する方の多くは開発者や設計者。解析にかかる工数は少しでも減らして、空いた時間を解析結果の評価や修正案の検討といった「本業」にあてたいとお考えのことでしょう。

ANSYSはカスタマイズ機能が充実しており、現場の担当者が使いやすいように様々な処理を加えることができます。例えばFortranを用いて、ANSYSに装備されていない機能を実装したり、繰り返しの多い作業を自動化して、設計者でも簡単に扱えるようにしたり。または特定の解析に特化したGUIを作成したり・・・。カスタマイズ機能を活用することで、業務効率を大きく改善することが可能です。

サイバネットシステムは、長年のサポート経験を通じてカスタマイズの知識やノウハウを蓄積してきました。
そして今日では独自のカスタマイズ製品をご提供するほか、お客様がより効果的にANSYSをお使いいただけるよう、各種の支援サービスを行っております。

サイバネットオリジナル製品

ANSYS Workbench版射出成形CAEシステム「Planets]」マルチスケールCAE「Multiscale.Sim」をはじめ、当社オリジナルのカスタマイズ製品をご提供しております。

カスタマイズ支援

サイバネットでは、お客様に解析結果を活用し、より効果的にANSYSをお使いいただけるよう、各種セミナーの開催やマニュアルの整備、相談窓口の設置などの各種支援サービスを実施しております。
どうぞご活用ください。

カスタマイズ事例

メニューのカスタマイズ例 よく使うメニューだけを表示させたい。
オリジナルのウィザードや、ダイアログの追加例 操作教育にかかる時間を減らしたい。もっと楽に社内展開できる方法は?
UPFを使った、独自の材料モデルの実装例 論文で見た材料の構成モデルを、ANSYSで使いたい。
>UPFによる Hourglass Stabilization 要素の開発・実装例 ANSYSにはない要素を組み込んで解析したい。
オリジナルメニューの追加と、Pythonマクロを使った一括処理 プロジェクト画面の処理を自動化したり、複数の解析システムを一括処理したい。
最低限の操作だけで解析できるよう、専用のメニューを作成する 毎回、決まった形状しか解析しないので、設定作業を効率化したい。
Mechanical画面のフロントエンド化 ANSYS Workbench Mechanicalを、ANSYS以外のソルバーのプリ・ポストとして使いたい。

関連記事

CAEのあるものづくり Vol.17 2012年10月発行

ANSYS特集2 カスタマイズ活用術:お悩み別に見るANSYSカスタマイズ実用事例

  • ANSYSの豊富な機能、そのメリット・デメリット
  • ANSYSの可能性を無限に広げるカスタマイズ
  • カスタマイズを活用するコツは、まず現状の問題点を把握すること
  • お悩み別ANSYSカスタマイズ実用事例
  • まとめ

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ