ANSYS Workbench Mechanical LS-DYNAセミナー

ANSYS LS-DYNAは、ANSYSをプリポストとして動的陽解法解析プログラム LS-DYNAを実行するためのモジュールであり、通常の陰解法ANSYSとは用語や操作手順などが若干異なる部分があります。

本セミナーでは、ANSYS LS-DYNAをANSYS Wrokbench Mechanical環境でお使いになる方を対象に、陽解法の基礎から解析までの一連の流れを説明すると共に、通常の陰解法ANSYSとは異なる操作手順やLS-DYNA特有の設定項目を重点的に説明しますので、初めてANSYS LS-DYNAを使用する方に最適です。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

開催会場 東京会場
開催場所 弊社 東京本社 セミナールーム 地図
開催時間 1日間 9:30〜17:00
定員 18名
受講料 43,200円/名(税込) (お支払方法について
受講券 利用不可
  • お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性があります。

セミナー内容

対応バージョン 19.0
対象 ・ANSYS LS-DYNAを使用した衝突などのごく短時間の動的現象を解析する予定の方
・これから ANSYS LS-DYNAを始めようとされる方
受講条件 ANSYS Workbench Mechanical入門セミナーを受講していることが望ましい。
  • 記載のセミナーを事前に受講してください。
  • 受講済み相当の知識をお持ちであれば事前受講の必要はございません。

アジェンダ

イントロダクション

  • 陰解法と陽解法のちがい
  • クリティカルタイムステップ
  • Workbench LS-DYNA とは

メッシング

  • 陽解法動解析で推奨されるメッシング

要素

  • ソリッド要素
  • アワーグラスモード
  • シェル要素

エンジニアリングデータ

  • 材料モデルの一覧
  • 代表的な材料モデル

接続

  • 接続の種類
  • ボディ相互作用
  • 接触

境界条件

  • 境界条件について

解析設定

  • 解析設定の概要

結果処理

  • Workbench LS-DYNA で利用可能な結果処理
  • LS-PREPOST での結果処理
  • アジェンダの内容は、セミナーの進行具合により多少変更することがあります。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ