ANSYS CFX ベーシックセミナー

ANSYS CFXはANSYSもしくはWorkbenchなどで作成された解析モデルを用いて熱流体解析ソルバーCFXを実行するためのモジュールであり、ANSYSとは各種の設定方法が異なります。

本セミナーでは、初めてCFXを使用される方を対象として、実習と実演を交えた各機能の説明により、ANSYS CFXを用いた熱流体解析の問題設定、解析、解析結果の検討方法を習得していただきます。
流体解析業務の早期立ち上げ、もしくは流体解析技術者の育成にお役立て下さい。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

開催会場 東京会場 大阪会場 名古屋
開催場所 弊社 東京本社
セミナールーム 地図
弊社 西日本支社
セミナールーム 地図
弊社 中部支社
セミナールーム 地図
開催時間 2日間 9:30〜17:00
定員 18名 10名 8名
受講料 97,200円/名(税込) (お支払方法について
受講券 利用可能(ANSYSセミナー受講券)
  • お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性があります。

セミナー内容

対応バージョン 18.0 (19.0対応は2018年7月〜を予定しております)
対象 ANSYS CFXを用いて熱流体現象を解析する予定の方。ANSYS CFXの基本機能について理解を深めたい方。
受講条件 無し
「計算力学技術者」
認定試験
免除対象:熱流体力学分野 (付帯講習会の免除規定について
  • 記載のセミナーを事前に受講してください。
  • 受講済み相当の知識をお持ちであれば事前受講の必要はございません。

アジェンダ

1日目 2日目

イントロダクション

  • CFXのモジュール構成
  • CFD解析の作業手順
  • CFXの起動と終了
  • 各種ファイル
  • CFD解析の作業の流れ
  • Workbenchからの起動方法

解析条件の設定(基本機能)

  • 基本的な作業の流れ
  • GUIの構成
  • CFX-Preの起動
  • メッシュのインポート
  • 解析条件の設定
  • 解析タイプ
  • ドメイン
  • <休憩>

  • 境界条件
  • ソルバーコントロール
  • ソルバーファイルの書き出し
  • <昼食>

計算実行

  • GUIの構成
  • CFX-Solverの起動
  • 計算の実行
  • 計算実行中の操作
  • 収束判定

結果処理(基本機能)

  • CFX-Post
  • GUIの構成
  • CFX-Postの起動
  • 基本オブジェクトの編集
  • 様々なオブジェクト
  • オブジェクトの作成及び編集

様々な解析機能

  • 純物質領域編集
  • 発熱モデル
  • サブドメイン
  • <休憩>

  • 全領域初期条件
  • アウトプットコントロール

様々な解析機能

  • 様々な解析機能
  • 変動型領域(2次元、3次元)編集
  • <休憩>

  • 抵抗モデル
  • 附加変数
  • パラメータ、関数
  • テーブル
  • サブドメイン
  • ソースポイント
  • ドメインインターフェース
  • <昼食>

  • メッシュモーフィング

様々な結果処理機能

  • 様々なオブジェクト
  • <休憩>

  • 様々なポスト機能

トラブルシューティング

  • エラー、ワーニングに対する対処

補足資料

  • CFX-Pre 補足機能
  • CFX-Solver 補足機能
  • プロセッサ共通の補足機能
  • CFX Command Language
  • CFX Command Lineの使用方法
  • User Fortran
  • アジェンダの内容は、セミナーの進行具合により多少変更することがあります。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ