CAE業務効率化セミナー
〜SPDMが解決する開発現場のジレンマ〜

CAEはいまやものづくりに欠かせないプロセスであり、その効率化は製品の品質向上、リードタイム短縮、コスト削減に直結する取り組みと言えます。
しかし、CAEが解析専任者のみならず設計者にまで普及した現在、検証すべきCAEデータは爆発的に増大し、ワークフローは複雑化の一途を辿っています。

この「CAEの普及がCAEの効率化を阻害する」というジレンマに対するソリューションとして、SPDM(Simulation Process and Data Management : 解析データとプロセス管理)という手法があります。本セミナーでは、SPDMの有効性と利用法を、ANSYS EKMのデモも交えてご紹介します。

一般的に手戻りの多い業務だからこそ、効率化の余地が多く残されているCAE。この機会に一度、自社のCAE業務を見直してみませんか?

【追加開催のお知らせ】 ご好評につき、東京会場での追加開催が決定しました。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

開催会場 東京会場 名古屋会場 大阪会場
開催場所 弊社 東京本社
セミナールーム 地図
弊社 中部支社
セミナールーム 地図
弊社 西日本支社
セミナールーム 地図
開催時間 13:30〜16:30 (13:00受付開始)
定員 20名 10名 10名
対象
  • CAE業務効率化が課題となっている方。
  • CAE関連情報のハンドリングにご興味がある方。
  • 設計プロセス改革をご検討中の方。
受講料 無料

プログラム

13:30〜13:45 はじめに

CAEを取り巻く環境とSPDM

13:45〜14:15 第1章

情報共有による解析業務コストの軽減

14:15〜14:25 休憩

14:25〜14:50 第2章

解析ジョブ管理による生産性の向上

14:50〜15:15 第3章

CAEのプロセス管理による解析データ信頼性の向上

15:15〜15:25 休憩

15:25〜15:55 第4章

解析データのセキュリティリスクの軽減

15:55〜16:10 おわりに

SPDMが照らすCAEの未来

16:10〜16:30 質疑応答

※プログラム/名称などは予告なく変更する場合がございます。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ