〜ANSYS 製品によるSI体験セミナー〜クロストークおよび差動線路解析

通信装置の高速化に伴い、プリント基板搭載ドライバも高速スイッチングが要求されます。更に、製品の小型化に伴い配線領域が縮小され、配線間のクロストークは無視できなくなってきています。クロストークのような外来ノイズからのノイズ耐力を高めるのに差動線路が良く用いられます。しかし、複数の差動線路間に於いても、差動線路同士間のスペースの大きさに依存してクロストークが発生します。本セミナーでは、これらの影響をシミュレーションで確認し、設計仕様の検討をおこないます。

更に、ANSYS HFSSANSYS Designerを用いた差動ビアを含む差動線路の解析が体験できます。最後に、ESDガンノイズのクロストークノイズ解析とその対策事例が体験できる内容となっております。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

開催場所 東京会場
開催会場 弊社 東京本社セミナールーム [地図]
定員 15名
時間 13:30 - 17:00
対象 回路設計、PCB設計、EMIノイズ対策に関係している方。
これからシミュレーションツール導入を検討されている方。
受講料 無料(事前登録制)

アジェンダ

1. クロストーク、差動線路について

2. ANSYS HFSS、ANSYS Designerによる解析フロー

3. クロストーク・差動線路の基本設計

  • 単線駆動時のクロストーク
  • 2組の差動線路間のクロストーク
  • 差動線路の設計

4. 体験演習

  • 演習1
    ビアを含む差動信号解析
  • 演習2
    ESDガンノイズの波形解析
    • HFSSによる解析対象回路モデルの作成と解析
    • サージ電圧保護ダイオード追加による対策例

ANSYS 製品によるSI体験セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ