〜疲労・衝撃強度評価を設計・開発現場で活かす〜 製品開発における疲労強度評価セミナー in 金沢


近年のものづくりでは、高品質で安全な製品をより早く市場へ投入することが要求されています。CAEはこの要求を満たすためのツールとして普及し、現在では設計者が 3D-CAD の延長として活用することも一般的になってきました。今後はさらに早いサイクルでの製品開発が要求されることが予想され、そのためには設計者がワンランク上の解析を行っていくことが期待されています。
本セミナーでは、ワンランク上の解析技術がどのようなものか、事例を交えながらその効果をご説明させていただきます。

ぜひこの機会にセミナーご参加いただき、ワンランク上の解析を始めるきっかけにしていただければ幸いです。

開催概要

日時 2015年10月7日(水) 10:00〜12:00 (受付開始 9:30〜)
開催会場 株式会社電陽社 金沢支店
(石川県金沢市いなほ2-11 電話番号:076-240-2511)
北陸自動車道 白山ICより車で1分
対象 北陸地区および近県の皆様で、各種CAEをご導入されているお客様、また今後各種機械系CAE製品を導入検討されているお客様
参加費 無料(事前登録制)
主催 サイバネットシステム株式会社
共同主催 株式会社電陽社
定員 20名
お申込方法 事前申込 (専用のお申込フォームからお申込ください)

※同業他社の方はお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。
※満席状況についてはお申し込みフォームをご確認ください。受付中のセミナーのみ表示しています。

アジェンダ

はじめに

  • CAEとは
  • 一般的な強度解析とは
  • 対応が難しいと思われている課題

ワンランク上の解析とその重要性

  • 落下衝撃
  • 疲労現象
  • その他(連成問題・振動問題・非線形問題など)

落下衝撃解析とは

  • 概要
  • 事例紹介

疲労解析とは

  • 概要
  • 事例紹介

解析ツールのご紹介

  • ANSYSのコンセプト
  • ANSYSによる設計への活用事例

参加申し込み方法

本セミナーは、参加お申し込みの受付は終了しました。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ