ひろがる、ふかまる、つながる。 ANSYSものづくりフォーラム 2014

開催報告 概要 プログラム 展示

プログラム > 構造解析 活用と使いこなし

タイムテーブル ユーザー様事例 構造解析 活用と使いこなし 流体/音響解析・連成解析 複合材ソリューション CAE運用支援
当日の資料がPDFでダウンロードできます
※ダウンロードには、IDとパスワードが必要です。お持ちでない方は「ダウンロード用ID・パスワードを申し込む」よりお申込みください。
ダウンロードする ID/パスワードを申込む
ANSYS製品ユーザー様からの活用事例の他、ユーザー様サポートで問合せが多いテーマをとりあげてご紹介します。

構造解析 活用と使いこなし
ANSYS Workbench Mechanicalで扱う
節点・要素モデリングテクニック集

サイバネットシステム株式会社 佐藤英人
近年のANSYS Workbench Mechanicalでは、ソリッドモデルだけでなく、有限要素モデルに対する選択操作や名前選択作成、節点・要素選択による結果の表示・出力ができるようになりました。また、外部ソルバーから出力された結果データをWorkbenchにて読み込み、境界条件として利用することが可能です。本セッションでは、これら利便性の高い機能についてご紹介いたします。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
振動解析のためのモデリングおよび解析テクニック

サイバネットシステム株式会社 三宅智夫
動的問題は構造全体の動的挙動を捉える必要があり、静的問題と比べモデル領域や解析コストが大きくなる傾向にあります。そのため、振動解析は解析の目的に合わせたモデル化がカギになります。また、解析オプションを利用し解析精度の向上や解析時間の短縮を図ることで効率的なシミュレーションを可能にします。そこで本セッションでは、ANSYS Workbench Mechanialのモデリング機能および解析オプションを利用したテクニックをご紹介いたします。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
知っていると便利! Workbench LS-DYNA 拡張キットのご紹介

サイバネットシステム株式会社 長澤剛
ANSYS 14.5 よりACT(Application Extension Toolkit)がリリースされ、ANSYS IncよりLS-DYNA専用の拡張キットWorkebench LS-DYNAが公開されています。Workbench LS-DYNA では、メッシュ作成、解析実行から結果処理までを一貫してMechanical環境で行えるようになっただけでなく、陽解法動解析(LS-DYNAエクスポート)システムでは設定できない様々なLS-DYNAの機能が利用可能になっています。本セッションでは、陽解法動解析(LS-DYNAエクスポート)とWorkbench LS-DYNAの違いをご説明するとともに、15.0用でさらに拡張された Workbench LS-DYNAの機能をご紹介いたします。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
生産技術のためのANSYSシミュレーション

サイバネットシステム株式会社 宮堂泰寛
近年の開発期間短縮・垂直立ち上げの流れにより、生産技術部門でもCAEが活用されるようになってきました。現場での経験や勘に頼っていた部分の可視化が可能になり、ソフトウェア資産の有効活用にもつながっています。一方で、ANSYSがどのような解析に対応しているのか?どうやれば解析が出来るのか?といったお悩みをお持ちの方も少なくないかと思います。本セッションでは、めっき・溶接・塑性加工・攪拌などの生産技術関連の解析事例と、解析を行う上でのワンポイントアドバイスをご紹介いたします。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
樹脂材料のシミュレーション入門
〜材料モデルの選定・物性値取得・解析テクニックまで〜

サイバネットシステム株式会社 佐々木隆宏
樹脂に代表される高分子材料は成形加工性・軽量化など多くの利点を持っており、自動車や電子機器など幅広い分野で利用されています。しかし材料の挙動としては「大変形塑性、温度依存性、ひずみ速度依存性」などの特徴を持っており、解析において「材料モデルの選定・物性値の取得や同定」などで悩んでいるという声を良く聞くことがあります。そこで本セッションでは、樹脂材料を対象として解析事例を交えながらANSYS Workbenchにおける材料モデル・物性値取得・解析テクニックなど一連の流れをご紹介します。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
ANSYS HPCライセンスでGPUアクセラレータを効果的に活用する方法

サイバネットシステム株式会社 宗像佳克
ANSYS 15.0 から ANSYS HPC Pack ライセンスに加えて、ANSYS HPC ライセンスも GPU アクセラレータが使用可能になりました。後者のライセンスであれば、数合わせのために CPU コアを割り当てることなく、適切なコア数と GPU アクセラレータを利用するといった方法が検討出来ますので、きめ細やかにライセンスを管理することが可能です。弊社ではパートナー様と共同で本機能を調査した結果を踏まえ、効果的な活用方法をご提案いたします。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ

構造解析 活用と使いこなし
特別講師
破壊解析機能の使いこなし

米国アンシス社 シェルダン今岡
このプレゼンテーションでは、破壊力学のパラメータ評価機能や、き裂進展、層間剥離などのモデリング機能について最新情報をご紹介します。
>> ページの先頭へ  >> タイムテーブルへ
当日の資料がPDFでダウンロードできます
※ダウンロードには、IDとパスワードが必要です。お持ちでない方は「ダウンロード用ID・パスワードを申し込む」よりお申込みください。
ダウンロードする ID/パスワードを申込む

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ