ANSYS Convergence 2014 発表事例論文メソからマクロスケールを繋ぐ固体高分子型燃料電池シミュレーションの技術構築

発表団体名

パナソニック株式会社

発表事例論文要約

当社では固体高分子型燃料電池コージェネシステムの開発を行っている。その中で、スタック・MEA(Membrane Electrode Assembly)の開発効率化のキーを担うシミュレーション技術の開発を行った。シミュレーションの手法としては、物質収支を決める保存則はANSYS Fluentのプラットフォーム化で対応し、各種構成則については内製ツールの開発で対応した。これにより、解析対象のスケールレンジの広さや各種オリジナル材料のパラメータ算定の難しさといった、燃料電池スタック・MEAシミュレーション固有の問題を解決することに成功した。

発表イベント

ANSYS Convergence 2014

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ