ANSYS Convergence 2014 発表事例論文ANSYS FLUENT 壁沸騰モデルを用いた冷却シミュレーション

発表団体名

光洋サーモシステム株式会社

発表事例論文要約

弊社は、熱処理装置のメーカーであり、2002年から熱や流れのシミュレーションを行ってきたが、沸騰現象を含む問題については取り扱えておらず、大きな課題であった。昨年のfluent TIPS&solutionでの壁沸騰モデルに関する紹介の中で、高圧、流動沸騰の条件であれば実験と比較的一致するとの情報を頂いたので、弊社の抱える課題事象についてその精度を検証することにした。 今回、ANSYS FLUENTの壁沸騰モデルを用いて、金属片の冷却温度予測を行い、その結果と実測との比較を行った事例を紹介する。

発表イベント

ANSYS Convergence 2014

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ