ANSYS Convergence 2014 発表事例論文スポット溶接位置のばらつきが薄板構造の振動特性に及ぼす影響

発表団体名

福井大学

発表事例論文要約

振動解析に適したスポット溶接部の簡易モデルとして、自動車業界で使用されているACM2モデル(ANSYSで構築)を取り上げる。最初に、ACM2モデルで使用されているMPCの理論を説明する。次に、ファジィ有限要素法を用いて溶接位置のばらつきが薄板溶接構造の振動特性(固有振動数、周波数応答関数)に及ぼす影響を検討する。

発表イベント

ANSYS Convergence 2014

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ