ANSYS Convergence 2014 発表事例論文耐火物構造設計のための溶鋼流動解析事例

発表団体名

黒崎播磨株式会社

発表事例論文要約

連続鋳造装置に用いられる注鋼ノズルにおける溶鋼の乱流強さを抑えることは,耐火物の耐久性ばかりでなく鋼の品質の向上に有効な改善策の一つであることが知られている。乱流抑止の基本的概念をタンディッシュ内溶鋼の流体力学に基づいて述べ,さらに,エネルギー最小の原理から,乱流を弱くする最適内孔形状を決定した。得られた最適形状ノズルにおける著しい諸改善点を,流動解析及び水モデルを用いたシミュレーションと製鉄所での実機試験の両方によって確認した。また,ノズル内表面から吹き込まれるガス量についても気液二相のエネルギーバランスの観点から流動解析も用いて導き出した。

発表イベント

ANSYS Convergence 2014

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ