ANSYS Convergence 2014 発表事例論文脳動脈瘤治療におけるステント留置の構造解析と流体解析

発表団体名

和歌山労災病院

発表事例論文要約

脳血管に出来るコブ状のものを脳動脈瘤と言い、破裂するとくも膜下出血を来たし死亡にも至る重篤な状態となる。その為、脳動脈瘤に対し破裂を未然に防ぐ予防的治療が行われている。近年、コイルやステントを用いて血管の中から治療する非侵襲的な血管内治療の割合が増えてきている。
 今回、血管内にステントを留置する構造解析をANSYS Mechanicalを用いて行い、実験結果との比較検討を行った。また、ステント留置が動脈瘤に与える流体力学的影響をANSYS CFXを用いて検討した。その研究の成果を苦労した点を含めて発表させて頂く。更に、臨床医が臨床現場において自ら解析を行うことの利点と欠点も述べさせて頂く。

発表イベント

ANSYS Convergence 2014

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ