ANSYS Convergence 2013 発表事例論文陽解法による流体構造連成解析〜瞬間的な現象の可視化〜

発表団体名

サイバネットシステム株式会社

発表事例論文要約

構造解析の陽解法ソルバーは、落下・衝突や成型加工など瞬間的に大きな変形が生じるような短時間の非線形性の高い現象を解析する際に用いられます。これらの現象の中には機械的な力が作用するだけではなく、爆発などにより構造物の周囲の流体から衝撃的な力が作用する、あるいは高速で移動・変形することにより周囲の流体が変形などの抵抗になるということも考えられます。陽解法ソルバーにはこのような構造物の周囲の流体を考慮するための流体構造連成機能が備わっています。本セッションでは、陽解法ソルバーによる流体構造連成解析の手法とその適用事例をご紹介します。

発表イベント

ANSYS Convergence 2013

解析種類

関連するセミナー

陽解法による流体構造連成解析 〜瞬間的な現象の可視化〜 [Webinar]


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ