ANSYS Convergence 2013 発表事例論文ANSYS 14.5 接触最新機能のご紹介

発表団体名

サイバネットシステム株式会社

発表事例論文要約

近年ANSYSには、バージョンアップの度に様々な接触関連の新機能が追加されてきました。Ver.14.5においても、Workbench環境ではこれまでコマンドを利用しなければ設定できなかった接触領域のトリム、食込み許容値の設定、シェルの板厚考慮といった機能が標準機能として利用可能となっています。
またMechanical APDL環境においては、垂直剛性係数や接触熱伝達率を初めとする各種接触関連パラメータについて、テーブル型配列パラメータを用いて位置や時間や温度、あるいは接触圧やギャップ量に依存する値として定義可能になりました。これらの便利な新機能について、適用事例を交えながらご紹介致します。

発表イベント

ANSYS Convergence 2013

解析種類

関連するセミナー

ANSYS 14.5 接触最新機能のご紹介[Webinar]


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ