ANSYS Conference 2010 発表事例論文 ANSYS 13 破壊解析最新機能紹介

発表団体名

アンシス・ジャパン株式会社

発表事例論文要約

破壊解析の新機能としてVCCT(Virtual Crack Closure Technique)がANSYS 13でリリースされる予定です。VCCTは均質等方性材だけでなく、異方性材、異種接合材のエネルギー解放率も評価可能な破壊解析ツールです。ANSYS 13のVCCT機能を用いて、破壊パラメータの評価、複合材の亀裂進展解析(2D)などが簡単に行えます。本発表では、VCCTの理論背景、ANSYS 13で利用可能な機能、そして設定方法について紹介いたします。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ